03-6844-3880

平日9:00~12:00/13:00~17:00

お問い合わせ

運輸業 B社 様

通知メールで、計測を省力化。アラートなどで、対策も迅速に。

運輸業

【現場の状況】 広く複雑な構造の倉庫内は、場所により暑さも異なり、把握しにくい。

荷物の検品やピッキング、梱包などの作業を行う広い物流倉庫の中は、庫内全体を一定の環境に保つことが難しい側面があります。シャッターを開放したままの作業で暑い外気が入ってきたり、窓を開けられない場所があったり、最上階は空調が効きづらかったりなど、さまざまな要因で熱中症リスクが高くなっていました。

※写真はイメージです。

お客様の課題
  • 作業現場と事務所が離れており、頻繁に現場の温度計測に行くことができない。
  • 熱中症リスクが高まったことを迅速に把握して、作業員に注意喚起できない。

導入後の効果
  • 熱中症リスクが高まった際は、アラートメールで知らせてくれるので、迅速な対応ができた。
  • 子機(センサー)が自動的に計測をするので、現場へ計測に行く手間が省けた。
  • 子機(センサー)のLED表示により、作業員も自らリスクを察知しやすかった。

導入の効果

子機(センサー)を設置した現場ごとに、暑さ指数(WBGT)が危険に達すると管理者へメール通知されるため、作業員に水分補給を促すなど、迅速な対応がとれるようになりました。また設置した子機(センサー)は、自動的に温湿度を計測し、クラウドに記録するため、現場へ計測に行く手間が省けました。そして、現場に設置された子機(センサー)本体にはLED表示があり、色の変化で危険度レベルを知ることができるため、作業員が現場でLED表示を見て、自らの危険を察知することもできるようになりました。

環境モニタリングクラウドSisMil™

お電話でのお問い合わせ

03-6844-3880

平日9:00~12:00/13:00~17:00

PAGE TOP