HOME > 事例紹介 > 建設業向けソリューション > 警備業向け管制システム「日報365 for 警備」 > 【ALSOK東京株式会社様】警備業向け管制システム「日報365 for 警備」導入事例

事例紹介

このページを印刷する

事例紹介

【ALSOK東京株式会社様】警備業向け管制システム「日報365 for 警備」導入事例

上番、下番などの電話連絡をなくして、朝夕の管理負担を軽減
臨時手配の迅速化など、管制業務全体の効率化にも大きな効果

東京エリアを中心に多くの顧客に警備サービスを提供するALSOK東京株式会社。警備員からの上番、下番などの連絡を電話で受け付け、Excelに手入力して管理していた同社では、朝夕の時間帯に集中するこれらの業務の負荷軽減が大きな課題となっていた。そこでスマートフォンや携帯電話からWeb経由で打刻ができる「日報365 for 警備」を導入。1日で約400件にも達していた電話対応はほぼなくなり、業務の飛躍的な効率化が実現している。

 

ALSOKロゴ

ALSOK東京株式会社
〒100-6805 東京都千代田区大手町1-3-1
JAビル 5F
https://www.tokyo.alsok.co.jp/
設立:1972年6月15日
資本金:3,000万円
従業員数:1,079名(2016年7月末日現在)
事業内容:ALSOKグループの一員として、常駐警備、警備輸送など各種セキュリティサービスを提供

写真:集合写真

左から、警備部 指令センター 運用担当 畠山生英氏、警備部 指令センター 小林茜氏、
警備部 指令センター長 山﨑直之氏

 

お客様の課題
上番、下番の連絡など、警備員からの電話対応業務の負荷軽減
警備員の出退勤状況が把握しづらく、管理ミスが起きやすい
電話対応業務に忙殺され、臨時警備の手配などが後回しになる
電話報告用のフリーダイヤルで発生する通信コストの削減
導入後の効果
Web経由での打刻が可能になり、電話連絡がほぼゼロに
勤怠状況や現場管理状況を画面で把握でき、トラブル時も即座に対応が可能
電話対応業務の削減により、臨時警備の手配などが迅速化
フリーダイヤルの通信コストが従来の半分以下に削減

 

【目次】
■導入の背景
 ・朝夕の時間帯に勤怠報告が集中し、電話対応の負荷軽減が課題に
 ・警備員個人単位の管理に対応した「日報365 for 警備」の採用を決定
■導入の効果
 ・警備員からの電話報告がほぼゼロになり、臨時警備の手配などに業務時間をシフト
 ・営業系システムとの連携による受注から請求までの一元的な管理フロー

 

事例リーフレットイメージ

詳細は「事例リーフレット(PDF)」にてご覧いただけます。

 

関連リンク

日報365 for 警備の製品情報

 

本事例および日報365 for 警備に関するお問合せ
株式会社オーク情報システム
お問合わせフォーム

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

※日報365 for 警備は、株式会社オーク情報システムの登録商標です。
※その他商品名などは、各社の登録商標または商標です。

[写真提供:ALSOK東京株式会社]

▲ページの先頭へ

ページトップへ