HOME > メールマガジン

オーク情報システムのメールマガジン

64ビット版OSの魅力

Windows OSの主流は、これまでの32ビット版から64ビット版に切り替わっていくと言われています。

現在、企業などで利用されているWindows7のパッケージ製品(Home Basicを除く)では、32ビット版と64ビット版のどちらかを選択できるようになっていますが、果たして64ビット版OSの魅力はどんなところにあるのでしょうか?

それは、4GB以上のメモリを搭載したパソコンのパフォーマンスを最大化することにあると言えるでしょう。

メモリの価格が大幅に下がり、最近では4GB以上の大容量メモリを搭載しているパソコンが増えてきました。しかし32ビット版のWindows OSでは、実質メモリは3.5GB以下しか使えないという制限があります。64ビット版のWindows OSを使えば4GB以上の大容量メモリをフルに使うことができるようになります。

つまり、アプリケーションソフトの処理速度が速くなり、同時に多くのアプリケーションソフトを立ち上げて「マルチタスク」で作業を進める場合にも、快適なパフォーマンスを発揮します。

昨今のビジネスでは、複数のプロジェクトを同時並行で進めていくスキルが求められる場面が増えています。パソコンを使う場合にも、複数のアプリケーションを素早くこなさなければならない場合が少なくありません。

この「マルチタスク」の時代において、64ビット版OSが強い味方になってくれることは間違いないでしょう。

 

※Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

ページトップへ