HOME > メールマガジン

オーク情報システムのメールマガジン

不正アクセスされても情報漏えいを起こさない
~標的型サイバー攻撃の時代におけるファイル暗号化の重要性~

2011年は、標的型サイバー攻撃が報道で大きく取り上げられ世間の注目を集めました。機密情報の漏えいがもたらす脅威や危険性を、誰もが再認識せざるを得ない一年でした。しかし、こうした新しいタイプの攻撃に対する具体的な対策となると、何をどうすればよいのかがわからないという組織や企業も多いようです。

こうした組織や企業が、まずはじめに取り組むべきなのは正確な現状把握です。サーバやネットワーク、PC、さらにはタブレット型情報端末など、組織のIT基盤を担うすべての構成要素の脆弱性をひとつひとつ点検した上で、外部からの攻撃をすばやく検知するための総合対策を練り直していくことが重要になります。その一方、こうした対策を乗り越えてウイルスが侵入してしまった場合のことも想定しておき、そのときの実害をいかに最小限にとどめるかについての対策を十分講じておくことも不可欠です。

ウイルスの侵入によって外部からの不正アクセスが発生した場合に機密情報をいかにして守っていくか。最も確実なのは機密情報をネットワークから完全に隔離しておくことですが、これでは関係者間における情報共有の迅速性が損なわれて支障をきたします。

関係者が機密情報をネットワーク上で安全かつ迅速に共有できるようにするためには、もし機密情報が持ち出されたとしても関係者以外がその内容を判別することはできないようにしておくことが重要になってきます。

問題解決のヒントは、ファイルやフォルダ単位の暗号化をいかに簡単に実現することにあるのではないでしょうか。

▼マスターキーのある暗号化ソフト「CyberCrypt」 活用事例
CyberCrypt活用事例(1) 顧客から受領した機密情報の暗号化
CyberCrypt活用事例(2) 事業の根幹を担う技術情報の暗号化

ページトップへ