HOME > 情報セキュリティ > インタビュー

オーク情報システムの情報セキュリティ

ソリューション営業第二部 部長   梅田 高久

セキュリティに対する考え方

ファイルの暗号化をはじめとして、セキュリティについては、最近どの企業も意識が高くなっているように思えますが。
梅田データでのやり取りが当たり前の時代ですし、データの暗号化は必要だと皆さん考えてらっしゃると思いますが、やはり暗号化は面倒だと思って、導入してない企業さんも多いんです(笑)。暗号化ソフトを導入していても、面倒さが前面に出過ぎると、情報の重要度に関係なくデータすべてに対して暗号化してしまうんですよね。そうすると今度は、どれが重要な情報で、どれがそうでないのか、またどれが公開してもいい情報なのかがわからなくなるので、それではそもそもの暗号化するという目的が意味を成さないと思います。日々使うものだからこそ、オペレーションはできるだけ簡単にして、各情報に携わる個人個人がその情報がどういったものであるのか、この情報は機密としてセキュリティレベルを上げる必要があるのかということ、つまり、情報に対する格付けというのをきちんと理解してやることが必要になってくると思います。
セキュリティには技術より運用が必要ということですね。
梅田そうですね。要はセキュリティの考え方というのも、安全面と操作性について正しいノウハウを持っていないと、セキュリティに対して変に誤解してアレルギー的なものになってしまうこともありますよね。
監視する側は、万が一情報が開示されてしまっては困るので、ガチガチのルールを設けてしまいがちなんですよ。でも、利用する側としては仕事に影響が出てしまうので反論する。今ではこういった問題をクリアするために、どうしたら使い勝手よくセキュリティを守れるか、という考え方に切り替わってきた気がしますね。
運用に関して言うと、各企業のモラルを上げていくことが一番大切だと一般的に言われています。人の教育がポイントになってきているのかな、と思います。
オーク情報システムとしては、導入時にどういう提案をされているのですか?
梅田基本的なセキュリティビジネスの考え方というのは、その企業をガッチリ縛るのではなく、万が一のときには証拠となる情報を記録しているという、情報を扱う側の問題まで含めてご提案するのが基本的な考え方ですね。
  • インタビュー02へ
  • インタビューTOPへ

ページトップへ