HOME > 情報セキュリティ > 製品情報 > CyberCrypt

オーク情報システムの 情報セキュリティ

このページを印刷する

マスターキーのあるファイル暗号化ソフト CyberCrypt

テレワークやクラウドの活用が加速。働く場所が広がると日常業務に潜む「情報漏えい」の危険性をファイル暗号化ソフト「CyberCrypt」でしっかり防ぎます!

利用シーン

テレワークやリモートワークで使用するPCでの情報漏えいを防ぎたい

PCの盗難や紛失しても、ファイルの中身が確認できないので機密情報の漏えいを防ぐことができます。

▲ページの先頭へ

USBメモリ等の盗難・紛失が心配

USBメモリ等の外部記憶媒体に暗号化ファイルを保存しておけば、盗難・紛失が発生しても機密情報の漏えいを防ぐことができます。

▲ページの先頭へ

ウイルス感染による機密ファイルの流出が心配

ウイルス感染によるファイル流出が発生しても、ファイルが暗号化されているため情報を守ることができます。

▲ページの先頭へ

クラウドを利用したいが機密ファイルの管理や流出が心配

クラウドや共有ファイルサーバ上で、誤操作による機密ファイルの公開や不正アクセスによるファイル搾取が行われても内容を読み取られることのない仕組みづくりが可能です。

▲ページの先頭へ

PC内の機密情報を安全に取り扱いたい

ファイル指定での暗号化・復号のみでなく、フォルダも指定することもでき、フォルダ内の全ファイルを一括して暗号化・復号できます。操作は右クリックメニューだけなので簡単です。

▲ページの先頭へ

ファイル編集後に暗号化し忘れるのを防ぎたい

暗号化されたファイルを編集したあと上書き保存すると、自動的に暗号化して保存されます。ファイルを編集するたびに暗号化する必要はなく、暗号化もれも防止できます。

▲ページの先頭へ

特定のフォルダを常に暗号化しておきたい

任意のフォルダを「自動暗号化フォルダ」として設定しておけば、このフォルダに格納するファイルはすべて自動的に暗号化されます。

▲ページの先頭へ

機密情報をグループ内で共有したい

共通のグループを登録することにより、暗号化されたファイルをグループ内で簡単に共有することができます。

▲ページの先頭へ

ファイル暗号化でしっかり情報を守っても、暗号化したときの「パスワード」を忘れてしまっては意味がありません!

「情報」は、企業・組織の資産です。
暗号化した本人の不在、復号パスワードの紛失、人事異動や退職、機器変更など、暗号化ファイルの復号が困難な状況においても、企業に1つだけ配布される「マスターキー」を使えば全ての暗号化ファイルが復号できます。この「マスターキー」の仕組みによりパスワード管理サーバが不要となり、運用コストの削減、管理業務の効率化が図れます。

これは他社製品にはない、CyberCryptだけの仕組みとなります。

▲ページの先頭へ

ページトップへ