HOME > 情報セキュリティ > 概要

オーク情報システムの情報セキュリティ

情報セキュリティ オーク情報システムでは

情報セキュリティは最高レベルの経営課題

ITが経営の基盤となる中、企業の情報セキュリティに対する社会的な要求は、さらにシビアになっています。
対策を怠れば、一瞬にして企業の信用を失墜させる重大問題となりかねません。
情報セキュリティは、社内システム部門の枠を超え、最高レベルの経営課題として考えられているのです。
なかでも、企業の情報漏えい対策は、情報セキュリティの重要な課題となっています。
情報漏えいの原因として「社内から」のものが実に8割を占めると言われており、外からの不正アクセスを防ぐだけでは、セキュリティ対策とはならないのが現状といえます。
企業のリスクマネジメントとして、社内からの情報漏えい対策を確立する必要がここにあります。

ネットワークセキュリティを確立する

オーク情報システムは、株式会社大林組のIT部門を長年にわたり担当してきました。
そこでは、当初から営業情報などの管理が重要な課題であり、堅固でありながら扱いやすいセキュリティ対策が常に求められてきました。
私たちは、これらの経験やノウハウを活かした情報漏えいを防止するクオリティの高いツールを提供しています。
その例が、インターネット経由で交わされる外部との通信データをすべて監視・記録・検索するシステムです。ネットワークを介した情報漏えいが、いつ、どの機器から、どのような内容で行なわれたかを容易に突き止めることができます。
ネットワークを流れる膨大な情報を解析し、漏えいの原因を特定することが可能なシステムの導入は、証拠保全対策として必要であるだけでなく、すべての関係者に情報を取り扱う意識を向上し、情報漏えいの抑止対策としても、大きな効果を発揮します。

ネットワークフォレンジックとは

情報漏えい対策の強化が求められる中で、フォレンジック製品に注目が集まっています。
「フォレンジック(Forensic)」とは、「法廷の」という言葉の意味から発して、「法的な証拠能力がある」という意味で使われるデジタルデータの証拠保全、証拠収集のための活動や機能のことをいいます。
フォレンジック製品はネットワークを流れるパケットデータをそのまま保存します。これによって、企業ネットワークから社外秘の情報が流出した場合に、いつ、誰がどのような形で情報を漏らしたのかを追跡し、情報が流出した瞬間のデータをそのままの形で生々しく再現することができるのです。
これによって、情報漏えいが起きたときに犯人の特定や原因の究明ができると共に、データ取得を組織内に周知することで、内部情報漏えいの抑止力となります。

ページトップへ