HOME > メールマガジン

オーク情報システムのメールマガジン

ITお役立ち情報
「セマンテック技術」によるSNSの観測

ソーシャルメディア(SNS)の利用が急増し、多くの人がリアルタイムで情報を書き込むようになりました。SNSを用いれば誰でも簡単に情報を発信することができますし、それらの情報が伝播していく速さにも驚くべきものがあります。SNSの利用は、スマートフォンの普及などにより、世代や職種等の壁を超えて更に一般化していくことでしょう。

SNSが台頭するまでは、インターネット上に書き込まれた意見は、一部のネットユーザーの限られた意見として捉えられる傾向もありました。しかしSNSの利用が進むことでそうした認識も次第に薄れつつあります。今後、インターネット上に書き込まれた意見は、社会全体を反映する度合いをますます深めていく可能性が高いと考えられています。

企業にとって、社会の最新動向を把握することは、事業戦略の立案やマーケティング活動を行う上で不可欠なものです。インターネット上にある玉石混交の情報を迅速かつ高度に分析し社会動向を理解していくためには、情報の意味内容を把握するための手段が求められることになります。

情報の意味内容をコンピュータが把握する技術は「セマンテック技術」と呼ばれ、以前から研究が進んできました。セマンテック技術をSNSに活用すれば、様々な現象をリアルタイムで観測することが可能になります。書き込まれた内容や言い回しを分析することで、年齢・性別・エリアなどを割り出すことが可能になれば、不特定多数へのアンケート調査などよりよほどリアリティが生まれます。
未来予測や新商品の開発等、活用できる分野は非常に多いと言えるでしょう。セマンテック技術の動向や実用化の進展を理解することは、今後の企業活動にとっても重要なものになっていくに違いありません。

ページトップへ