HOME > メールマガジン

オーク情報システムのメールマガジン

節電の冬が到来 省エネルギーの観点から「サーバ仮想化」を検討してみる
~成功事例からみる仮想化環境構築のポイント~

業務システムの高度化が進みサーバの必要台数が増大する中、サーバの仮想化を本格的に検討する企業が増えています。

従来、サーバの仮想化に踏み切る企業の目的はコスト削減や運用管理業務の効率化が中心でしたが、東日本大震災が発生してからは、その節電効果にも大きな期待が寄せられるようになっています。
サーバの仮想化は、次世代のITインフラを構築する上で大変重要な選択肢ではありますが、実際に導入していくためには、長期の運用を考慮した綿密な計画が不可欠となります。「こんなはずではなかった・・・」という事態を避けるためには、実践に裏づけられた細心の注意が必要と言えるでしょう。

オーク情報システムでは、システムの運用における長年の経験をもとに、サーバ仮想化に関する計画から運用までをトータルサービスとしてご提供いたします。

▼オーク情報システムのシステムインテグレーション
将来の運用管理コスト削減を最大の目標に据えた「仮想化プロジェクト」
企画立案、構築から今後の運用計画までのプロジェクトをトータルにサポートしてコスト削減に成功!

ページトップへ