HOME > メールマガジン

オーク情報システムのメールマガジン

「クラウドロックイン」
~クラウドに潜むリスクをいかに回避するか~

「クラウド環境下において大規模な業務システムを展開していきたい。」
このように考えるユーザが直面する問題の一つに「クラウドロックイン」があります。
「クラウドロックイン」とは、あるベンダのクラウドサービスに依存しきってしまい、いざシステムの更新を行おうとした場合に、そのサービスから抜け出せなくなることを言います。
クラウド環境下で業務システムを利用していくためには、中長期的な視野に立ち、「クラウドロックイン」に陥ることがないよう注意する必要があります。

クラウドコンピューティング(特にパブリッククラウド)の最大のメリットは、設備投資や運用にかかるコストを大幅にスリム化できることです。システム開発工数の短縮も期待できます。
各企業のシステム事情はさまざまですので、大規模な業務システムをクラウド化すべきかどうかの答えは一つではありません。しかし、大幅なコストダウンや迅速なシステム開発を行う必要があるのであれば、クラウドへの移行を本格的に検討する価値は十分にあるでしょう。そのためには、「クラウドロックイン」問題をうまく乗り越えるための発想が必要です。
たとえば最近では、特定のベンダや特定のサービスに縛られるリスクを回避するため、クラウドサービスのAPI(アプリケーション連携のためのインターフェイス)の共通化に取り組んでいる企業もあるようです。こうした動きは「クラウドロックイン」問題を解決するため、大いに参考にすべき事例といえるのではないでしょうか。

「クラウドロックイン」に陥るリスクを把握する方法はいたってシンプルです。
『いつでもオンプレミスに移行することが可能か?』
『いつでも他のクラウドサービスに移行することが可能か?』
『他のシステムに移行するためのコストと手間はどれぐらいか?』
突き詰めていくと、この3つをしっかり理解しておくことが問題解決のスタートとなります。

ページトップへ