HOME > メールマガジン

オーク情報システムのメールマガジン

ネットワーク通信を可視化する「NetEvidence」を利用し、「HTTPS」通信の可視化を実現
~「【HTTPS】POSTリクエスト検索テンプレート」を発売開始~

インターネットで買い物をする際に住所・氏名・クレジットカード番号などの個人情報を安全にやり取りするため、一般的に利用されている技術としてHTTPS通信があります。HTTPS通信は通信内容を暗号化するため、安全に情報のやり取りをすることができるのです。一方、この技術を悪用した情報漏えいのケースが指摘されています。通信が暗号化されてしまうと、どんな情報をやり取りしているのかチェックができないためです。

ネットワークフォレンジックサーバ「NetEvidence(ネットエビデンス)」は、ネットワーク通信を可視化するシステムとして業種を問わず数多くの組織や企業でご利用いただいています。この「NetEvidence」にHTTPS通信を可視化し、長期に記録して保存するためのオプション「【HTTPS】POSTリクエスト検索テンプレート」を発売しました。

「【HTTPS】POSTリクエスト検索テンプレート」は、『i-FILTER』と連携することで今まで記録することが困難であったHTTPS通信の内容を可視化し、長期に記録・保存することが出来ます。HTTPS通信で行われているWebメールの送信内容や投稿サイトへの書き込みはもちろんのこと、アップロードしたファイルまでも確認することが可能となり、インターネットからの情報漏えい対策に大きな効果をもたらします。

▼プレスリリース
ネットワーク通信を可視化する『NetEvidence』がHTTPS通信の長期記録に対応
~『i-FILTER』との連携オプションをリリース~

ページトップへ