HOME > メールマガジン

オーク情報システムのメールマガジン

連載企画 オフィスのセキュリティを考える
「第1回 入退室管理システムの引越し」

事務所の移転に伴って、必ず検討しなければならない「事務所のセキュリティ」。その事務所のセキュリティの根幹となるのはもちろん「ドア」です。

「ああ、入退管理ね。カードでピッとやるやつでしょ」

そうです。あのピッとやるやつです。最近では比較的導入が簡単になってきたことから、すでに導入している企業も多く、ドアの近くに取り付けられているセンサーにカードをかざす姿を見慣れた方も多いでしょう。

では、そんな慣れた事務所から新しい事務所へ移転することを考えましょう。入退管理は・・・よくわからないから同じでいいやと簡単に考えてはいませんか?

ちょっと待ってください。同じ入退管理システムが新しい事務所のドアでも使えることを確認しましたか?そういえば、新しいビルはビル用のセキュリティカードがあったりしませんか?せっかく新しいビルに移転するのだから監視カメラと連動したいと考えていませんでしたか?

そもそも、管理するドアの数が同じですか?

そうなのです。意外と使い慣れている入退管理システムも、違う建物、違う事務所に引越ししようとすると意外と大変なのです。

事務所の移転は「事務所のセキュリティ」をトータル的に見直す絶好のチャンスです。ぜひ一緒に新しい事務所に最適な「事務所のセキュリティ」を考えていきましょう。

次回は、事務所のセキュリティを考えるうえで最初に考えなければならない「領域性の確保」についてご紹介いたします。

ページトップへ