HOME > メールマガジン

オーク情報システムのメールマガジン

編集後記(メールマガジンvol.15)
「BYOD」"Bring Your Own Device"

タブレット端末などの普及により、あらゆる業種においてモバイル機器の活用シーンが大きく様変わりしようとしています。こうした状況の中、真正面から取り組まなければならなくなった課題のひとつに「BYOD」があります。

BYODとは"Bring Your Own Device"の略で、ITの世界では、個人的に使っている機器を会社の業務で使用するのを許可する、いわば「私物解禁」のことを表わします。

現在、多くの企業では、個人利用機器の業務使用を禁止している状況ですが、個人のタブレット端末の利用を認めることで業務効率の向上などが明確に見込まれるようになれば、こうした従来の基準の見直す企業も増えることになるでしょう。

BYODを検討する上でも最大の懸念は、何といっても情報セキュリティ面での不安です。第三者による不正アクセスや機密情報の漏えいは絶対に防がなくてはなりません。こうした懸念を解決していくために今注目すべきなのは、デスクトップ仮想化やMDM(情報機器を集中管理するためのテクノロジー)に関する動向です。

業務利用とプライベート利用の垣根が低くなっていく中、モバイル機器に関するセキュリティ対策の手法も次の段階へ移行する過程にあるといえます。

ページトップへ